テキーラ

日本ではテキーラのようなアルコール度数の強いお酒を普段は飲まないですよね。少なくとも私の人生でテキーラといえば、散々酔っ払った挙句、火に油を注ぐかのように一気飲みしてどんちゃん騒ぎ→記憶をなくして帰るという嫌な思い出しかありませんでした。新宿2丁目のクイーンユリザベスJOYにはテキーラ・マエストロの店長CHIKAがおいしいテキーラを揃えて皆様をお待ちしております。店長のテキーラに対する熱い思いを聞きながらおいしいテキーラを飲んでみませんか?



テキーラってどういうお酒なの?

 リュウゼツラン属(学名:Agave)という植物を主原料とするメキシコの蒸留酒をメスカルと呼びます。このメスカルのうちテキーラ5州で育成されたアガベ・アスール(リュウゼツラン属の一種)を使用して、テキーラ5州とその周辺の蒸留所で作られたお酒のことをテキーラと呼んでいます。

 テキーラ5州とは「ハリスコ州」「グアナファト州」「ナヤリ州」「ミチョアカン州」「タマウリパス州」です。その地域以外で作られたお酒をテキーラとは呼ばないのです。フランスのシャンパーニュ地方で作られる発泡性ワインのことをシャンパンと呼び、ほかの地域で作られた発泡性ワインのことをシャンパンとは呼ばないですよね。それと同じです。

 その他、テキーラと呼ぶためには「アガベ・アスールを51%以上使用する」「最低2回蒸留する」などなど、細かい規定があり、メキシコのテキーラ管理評議委員会(CRT)という機関で管理されています。




プレミアムテキーラとは

 前述したようにテキーラは「アガベ・アスール」を51%以上使用していますが、その割合により2種類に大別されます。

100%アガベ・テキーラ・・・アガベ・アスール100%
ミクスト・テキーラ・・・アガベ・アスール51%以上を使用。残りはサトウキビ由来の糖分などと混醸。

プレミアムテキーラとは100%アガベ・テキーラのことをさします。

さらに100%アガベ・テキーラには細かい条件があり、生産地で瓶詰めしたもの、ラベルに「100% de Agave」と表示することとされています。



クラス(熟成度)

テキーラの多くはオーク樽で熟成されています。その熟成度によって呼び名があります

ブランコ・・・オーク樽で熟成をしないもの。あるいは熟成しても60日未満のもの。シルバー、プラタ、ホワイト、クリスタルなどの呼び名もある

ゴールド・・・カラメル添加などで色付けされたもの
             
レポサド・・・オーク樽で最低2か月以上熟成したもの

アネホ・・・オーク樽で最低1年以上熟成したもの

エクストラ・アネホ・・・オーク樽で最低3年以上熟成したもの